皆さんこんにちは。

現在妊娠8ヶ月目のyummuy(子無し・専業主婦・28才)です。

筆者は、喜ばしいことに昨年の年末に妊娠が発覚しました。

現在も経過は順調、我が子に出会える日を楽しみにのんびりとした毎日を過ごしております。

ところで、皆さんは街中で妊婦さんをお見かけした時、どのような気持ちになりますか?

「幸せそう」

「何故かやさしい気持ちになれる」

「ぽっこりしたお腹が微笑ましい」

妊娠前、筆者はこんな風に感じていました。

中には「オーラに圧倒される」なんて人もいますね。

では、妊婦さん自身はどう感じているの?

実は、幸せそうな姿の裏には、苦労もあるのです。

今回は、今まさに妊娠中の筆者が体験している

日常生活の中での支障をお伝えしたいと思います。

■日常生活に支障がでる妊婦さん

妊娠経過とともに、だんだんとお腹が多くなってきます。

我が子の胎動を感じて嬉しくなる日もあるでしょう。

しかし、日常生活で些細な支障が出るのです。例えば・・・

1:うつ伏せができない。

うつ伏せ体制が好きな筆者にとってかなりのストレスでした・・

2:キッチンに立った時、洗面台に立った時等、今までの姿勢で作業できない。

お腹が出ている分、余計に前かがみになり腰を痛めます。

3:割と食事制限がある。

生ものやお酒などネットで調べればいくらでも出てきます。

4:体力が無くなり、すぐ疲れる。(消耗する体力が多い)

  臨月ともなれば胎児・羊水・胎盤合わせて常に4kg程度の荷物を抱えて行動していることになります。

5:髪が薄くなる

産後に戻るらしいですが、今はこんな(前髪ハゲ女bang.xyz)悲惨な状態です。

お酒がストレス解消になっていた筆者にとっては、辛い現実が待ち受けておりました。

(主人は変わらず飲み歩いているのに・・・!!!怒)

個人差はあると思いますが、妊娠中はさまざまな支障を抱えることになります。

些細なことであっても、それが継続的に支障をきたすとなると、ストレスになってくるのです。

変化していく自分の体と上手く付き合い、素敵なマタニティライフを過ごしたいものですね。

カテゴリー: 未分類

関連記事

未分類

おしゃれなパパが帽子をとったら意外な一面。

長男が今年の4月から幼稚園に入園し、幼稚園のクラスにお友達がたくさんで 続きを読む …

未分類

薄毛 改善 自力

どんな火事でも改善ものです。しかし、しっかりにおける火災の恐怖は予防も 続きを読む …